─ EPISODE 1

飲食業界のマネージャーから
インフラエンジニアに転身

2020年3月入社

─ EPISODE 1

飲食業界の
マネージャーから
インフラエンジニア
に転身

2020年3月入社

インタビューから8ヶ月経過した「今」をご紹介

PROFILE

転職先職種:

インフラエンジニア

飲食業界からIT業界に転身されたY.Y.さんのインタビューをご紹介します。
インフラエンジニアに転身されて4ヶ月経ったY.Y.さん。以前は、大手飲食チェーンで複数店舗を管理するマネージャーとして多忙な日々を送っておられました。
飲食業は体力的にきつく、ワークライフバランスの取りづらさなどの不満をお持ちでした。
将来のことを考え、IT業界へチャレンジする決意をしました。

INTERVIEW

入社からどれくらい経ちましたか?

1年が経ちました。

現在、初めて就業した時と仕事内容・役割・環境面などで何か変わった事はありますか?

現在は、運用班への所属となり時間帯責任者として業務を行っています。
主な作業内容として、オペレータの作業の進捗確認や内外からの問合せに対する応対。
障害発生時における報告及び対処を行っています。
最近では新規配属者の研修等も行っています。

sodatec研修へ参加していた時、または、入社すぐの頃と現在で気持ちの変化はありますか?

研修参加時は、文系の自分に務まるのか不安がありました。
しかし、業務に就いてみると始めは時間が掛かったりミスがあったりしていたものの、だんだんと1人で作業を遂行できるようになってきました。
入社して1年が経った今では責任ある仕事を任され、他の社員の方からも頼られることが多くなり、やりがいを感じています。

ITエンジニアとしての今後の目標やキャリアプランなどを教えてください。

将来はクラウドエンジニアとして設計・構築を行い、企業の成長の一端を担いたいと思っています。
そのためにも、今は自身のインフラのスキルを上げていきたいと思っています。

以前インタビューさせてもらった時に、転職を考えたきっかけのキーワードに「ワークライフバランス」がありましたが、現在その点はどうですか?
前職よりも満足いく環境ですか?シフト勤務だから難しいですか?

転職をする前は休みも取りにくく、残業も多かったため、自分の時間を有意義に使うことが難しかったです。
現在はシフト勤務ではありますが、ほぼ希望通りに休みを取ることが可能で、残業もほぼありません。
また、2週間前には翌月のシフトが決まっているため計画も立てやすいです。
ワークライフバランスを取れる環境にあるため、非常に満足しています。

エンジニアに転職してからの働き方

特徴1

通常勤務と夜勤勤務のシフト制

前職と比べてサービス残業は無くなり、夜勤明けは次の日が休みのため、無理なく働けるようになりました。

特徴2

振替休暇・有給取得

休日出勤が発生した際には、振替休暇の取得ができます。また、有給取得も当たり前に取得できるようになりました。

特徴3

プレイベートが充実

プライベートの時間を充分に取れ、連休も取りやすいため、前は行けなかった旅行や友人との交流も増えました。

「未経験だから不安…」「転職できるんだろうか…」などのキャリアの不安や ITエンジニアとしてのキャリアパスについて気軽にご相談ください。

まずはエントリーしてみる!