RPAの意味・効果とは?

導入事例と厳選4ツールも紹介

HOME | How to RPA | RPAの意味・効果とは?導入事例と厳選4ツールも紹介

昨今の日本では、働き方改革が急速に推進され始め、労働時間の短縮化や業務の効率化が重要視され、実現方法を模索している方も多いでしょう。

ここでは、改善の助けとなるRPAについて、説明やメリット、導入事例などを紹介しています。この記事を参考に、業務の効率化を実現して働き方改革の第一歩としてください。

RPAとは

従来人力でおこなっていたバックオフィス業務を自動化するソフトウェア、または自動化を可能にするロボットを指します。データ入力などの定型業務はもちろん、マニュアルで定められている事務作業もRPAを使うことで効率化します。

AIとの違い

ロボットに操作を記憶させて自動化するのがRPA、機械自身に学習させて自分で物事を判断させるのがAIです。機械学習とは、ロボットに膨大な量の問いと答えを与えて、その答えを基準にして物事を学習させていく仕組みです。
 
たとえば、AIは人間の特徴を学習し、その他のものと見分けられます。機械学習にはプログラミングの知識が必要です。一方RPAはプログラマーでなくとも、利用者のキーボードやマウスの操作を記憶させて業務の自動化を可能にします。

RPAには3つの種類がある

RPAには、用途に合わせた3つのクラスが用意されています。目的に合ったものを選ぶようにしましょう。

クラス1 RPA

定型業務の遂行を目的として製作されたクラスです。一般にはRPAというとこのクラスを指します。

クラス2 EPA

判断のフローとなるアルゴリズムを記憶させて、イレギュラーな事項にも対応できるクラスです。

クラス3 CA

過去のデータの解析、それに基づいた判断や意思決定などを行えるクラスで、AIとほぼ同じ機能が使用できます。

RPAにできること

PRAの導入により、業務の自動化や簡易化が可能です。具体例をご紹介いたします。

ホワイトカラーがおこなう定形業務の自動化

ホワイトカラーの業務には、事務作業が少なからず含まれます。  
・事務作業にルーティンワークが含まれる
・取り扱うデータの量が多い
・PCの利用者にプログラミングの知識がない
 
これらの場合にはRPAの導入がおすすめです。膨大な量のデータでも、RPAならより速いスピードで処理できます。

この場合、処理上でパワーを発揮するのは、主に営業分野での問い合わせ、伝票などの顧客管理です。煩雑な情報を整理のうえ管理する分野に強いため、得意客へのダイレクトメールや葉書でのメッセージ発送にも役立ちます。処理するだけではなく、データの入力や、収集でも役に立つでしょう。

長時間(24時間365日)事務作業の継続

近年では働き方改革を掲げられ、従業員の生活と仕事のバランスを考えるワークライフバランスが重要視されています。ところが、ロボットであるRPAに休みは必要なく、人間の勤務時間外における事務作業の時間設計が可能です。同じ作業スピードで、正確かつ規則的な処理が可能です。差し戻しや2重チェックなどの必要がない分、人力で行うよりもはるかに効率的です。

RPAのメリット

RPAの導入に伴う自動化にはどのようなメリットがあるのでしょうか。ここからは具体例を挙げて説明します。

生産性・効率性の向上によるコスト削減

1件につき人力では数分以上かかっていた作業を、RPAなら1分未満で完了してしまいます。これによって人件費を含めたランニングコストの大幅な削減が可能となりました。20種類の事務的な業務をRPAに置き換え、年間で8,000時間の削減を行った事例もあります。  
これまで作業にかかっていた人員の配置を見直し、従業員がロボットではなし得ないより発想力が必要な業務に集中できます。

人為的ミスを防止による品質の向上

人間が作業をしている限り、不慣れや疲れなどによるヒューマンエラーをゼロにはできません。  
それに対して、ロボットは定められたフローに沿って業務を遂行します。単純な見落としや漏れなどのミスとは無縁ですし、作業の手順を意図的に飛ばすことはできません。これまで人の手で行っていた作業をロボットに任せることによって、事務作業の精度の向上に直結します。

人材不足の解消

仕事を請け負う立場としては「人間を脅かす」と懸念されているRPAですが、「人材不足を解消する仕組み」とも捉えられます。RPAは労働時間に制限がなく、正確に業務をこなせる理想的な労働力です。少子高齢化社会の到来によって、労働人口が右肩下がりに減少している日本こそ、ロボットを導入して人材不足の解消を図るべきでしょう。

RPAが求められるようになった背景

理想的な労働力として期待されているRPAですが、なぜ必要とされるようになったのか、その理由について推察します。

働き方改革の推進

人手不足を解消するため、政府が取り組んでいるのが「働き方改革の推進」です。魅力ある職場作りのために「長時間労働をなくす」ことが、企業に求められています。   長時間労働をなくすためには、業務を減らす必要があります。そこで求められたのがRPAの起用です。事務作業をRPAに任せることにより、本来の業務に専念できることになり、長時間労働の改善につながります。

少子高齢化社会による人材不足

総務省によると、1995年を境にして生産年齢人口は減少の一途をたどっています。そしてパートタイマーなどの増加によって、労働時間そのものも減少に転じているのです。そのような中で、24時間365日休まず稼働し続けられるRPAは、少子高齢化社会によって今後も減少が見込まれる人材不足解消の助けとなるでしょう。

IT技術の進歩によるソリューションの利便性向上

ここでいうソリューションとは、IT技術を駆使することで企業の抱える問題を解消することを指します。企業およびビジネスのニーズに応え進化していく過程で、RPAが対応できる利用環境の幅は広がり、遂行可能な業務の幅も広がりました。

さらに、画面操作をシナリオとして記録し、パソコン操作を自動化する機能などが実装され、これらがRPA導入拡大の一因となっています。

Big Dataの戦略的利用の拡大

戦略的利用とは、これまでの経験則ではなく、データを照会して経営戦略に役立てようという方針です。BigDataは「大規模で更新頻度が高く多種多様なデータ」と定義づけられています。経営戦略を立てるためにデータ蓄積の機能を大いに活用しようと考える企業が増えました。この風潮に後押しされる形でRPAの需要が高まっています。

RPA導入事例

以上を踏まえたうえで、RPAを実際に導入した企業の事例から、どのように業務効率が改善されたのか見ていきましょう。

鉄道業界の導入事例

まずは、鉄道業界での導入事例をあげます。


■導入前の課題

従来の労働災害防止教育では、労働災害が発生するメカニズムをヒューマンファクターの観点も含めた形で理解してもらうことに限界がありました。時間通りに研修を進行させるために、講師がVR映像を一斉配信できる仕組みが必要でした。


■RPA活用事例

2点のRPA活用事例を挙げています。
1点目は、労働災害に至る過程をリアルに体感・自分事化できる「VR技術」を活用しました。
2点目は、「一斉配信システム」を導入しました。


■導入効果

これら二種施策の導入によって、実践に結びつくヒューマンファクターの理解につなげやすくなりました。受講者はHMDを装着するだけでVR映像を視聴できるようになり、研修をスムーズに受講できるようになりました。

※参考:SoftBank

自動車業界の導入事例

次に、自動車業界の導入事例を紹介します。

■導入前の課題

某社は商業施設内で実際に自動車に触れるスペース「ウォークイン型店舗」を設け、実際の販売店へ送客することを目的にしていたが、その送客率の可視化ができていませんでした。

■RPA活用事例

ウォークイン型店舗と近隣の実店舗の両方にWi-Fiを設置することで、1か月以内に、広い範囲の店舗への送客ができていることなどが可視化できるなど、ウォークイン型店舗から実店舗への送客効果を把握できました。

■導入効果

ウォークイン型店舗の有用性を実感でき、さらに顧客を分析して、それぞれに合わせたプロモーションを提供できるようになりました。

※参考:SoftBank

 

金融業界の導入事例

最後に、金融業界の導入事例を紹介します。

■導入前の課題

某銀行では、本店移転もあり大きな節目をむかえていました。さまざまな改革が行われていますが、働き方改革もその一つです。扱う商品が多岐にわたることから、業務の種類も多く、少しでも工数削減することが課題でした。

■RPA活用事例

最初に独立性のある業務5つにしぼり導入、運用しながらの検証を試みました。

■導入効果

まだ検証段階ですが、年間4,000時間もの工数削減効果がありました。また、RPAを導入する際に必要な業務の棚卸しをすることで、お互いの業務の理解を深めることができました。今後も、検証を続けながらRPA導入業務を増やす予定です。

※参考:KEL

 

代表的なRPAツール4選

RPAがいかに業務効率を上げるだけでなく、働きやすい環境構築に結び付くかがおわかりいただけたと思います。ここからは、代表的なRPAツールを4つ紹介します。まずは特徴と価格を表形式でまとめておきましたので、概要をご覧ください。

システム名 特徴
WinActor ・日本で開発されたソフトウェアで、日本語で運用サポートが受けられる
・Windowsのソフトウェアに幅広く対応
BizRobo! ・RPAテクノロジーズ社が開発
・400社以上の国内企業が導入
Blue Prism ・イギリスのBluePrism社が開発
・セキュリティ対策が万全
UiPath ・UiPath社が提供
・サーバー型・クライアント型両方に対応

 

純国産のWindows向けツール「WinActor」

https://winactor.jp/brochure-download/
 

■特徴

・日本で開発されたソフトウェアで、日本語で運用サポートが受けられる
Windowsのソフトウェアに幅広く対応している
 

■こんな企業にオススメ

日本語サポートやWindowsPC使用者には特におすすめです。
 

■導入事例

ロボットを用いた事業を多々行う某社は、機械の動作にトラブルがあった際、作業を自動的するためRPAを導入しました。結果的に監視の目が不要になり、目標としている「残業ゼロ」に一歩近づいています。
 
参考:WinActor

プラットフォーム上でロボットを管理する「BizRobo!」

https://rpa-technologies.com/products/
 

■特徴

・専用のブラウザー上で複数のロボットを一括管理できる
・業務内容やその企業や部署が問題と感じている点  ・ロボットになにを任せたいかの要望に合わせて適切なRPAツールを提案する
 

■こんな企業にオススメ

サーバー型RPAなので、サーバー構築が可能な企業に向いています。
 

■導入事例

EC業務を行っていた某企業において、発送が遅延していたECサイトにRPAを導入し、出荷までの期間が短縮されました。
 
参考:RPATECHNOLOGIES

セキュリティの強固な「Blue Prism」

https://www.blueprism.com/japan/our-platform
 

■特徴

・利用者の権限の詳細な設定
・通信の暗号化によって強固なセキュリティを実現
・カード情報保護の基準をクリアできるほど高度なセキュリティ対策を実施
 

■こんな企業にオススメ

金融企業など、セキュリティ対策が特に必要な企業におすすめします。
 

■導入事例

某インターネット関連企業では、導入により8つの業務を自動化、月128時間の工数を削減することに成功しました。
 
※参考: SELECK [セレック]

サーバー型・クライアント型選択可能な「UiPath」

https://www.uipath.com/ja/products/platform
 

■特徴

・サーバー型、クライアント型どちらの形式にも対応
UiPath Studioによって短期間で開発・導入できる
 

■こんな企業にオススメ

まずは数台のPCで使うといって小規模導入から、状況を見て拡大したい方に向いています。
 

■導入事例

メガバンクである某企業は、約200の業務を自動化し約1年で40万時間程度の業務量を削減しました。詳しくはこちらです。
 
参考:RPA BANK

まとめ

本記事では、RPAのメリットや主要ツールについて紹介してきました。今後、働き方改革が進むにつれて、業務効率化の重要性が増してきます。ぜひその際には、RPAの導入を検討してみてはいかがでしょうか?
 
上でも紹介したRPAツール「WinActor」の正規代理店であるマンパワーグループは、RPA導入サービスを提供しています。業務の選定や見積もり、RPAシステムの構築のほか、導入後の運用サポートなど、さまざまなサービスに対応しております。興味のある方は、ぜひお気軽にお問い合わせください。

CONTACT

お問い合わせ

各種サービス、サイトに関するお問い合わせは
下記よりお気軽にお尋ねください。