RPAとは

ITシステムとの違いを事例とあわせて紹介

HOME | RPA | RPAとは-02|ITシステムとの違いを事例とあわせて紹介

「従業員の高齢化で慢性的な人手不足に陥っている」「業務が非効率的で、売り上げにつながらない」といった問題を抱えた企業が、業務の自律・自動化、売り上げの拡大に向けてRPAを導入する動きが活発化しています。  
本記事では、RPAの定義、ITシステムやAIとの差異、RPAのメリット・デメリットについて紹介します。実際にRPAツールを導入した企業の成功例なども挙げていますので、RPAの導入検討の参考にしてください。

RPAとは

RPARobotic Process Automation)」は、ソフトウェアロボットによるホワイトカラー業務の自動化・効率化を目指した仕組みのことです。「デジタルレイバーDigital Labor)」「仮想知的労働者」と表現されることもあります。
 
RPAを導入することで、これまで人間が手で行ってきた単純な作業を効率的に処理・実行できるようになります。

RPAとITシステムの違い

RPAは、プログラミングなしで、業務のプロセスを自動的に処理できます。一方、ITシステムは、単体で稼働する場合も、他のソフトウェアと連携する場合も、プログラミングが必要です。リリース時には、想定外の事態をも想定して作業する必要があります。

RPAとAIの違い

一方でAIは、新しいパターンや認識などを蓄積・学習し、進化した結果自己判断をくだす点が特徴です。RPAには、これらの機能はありません。高度なRPAになるとAIを搭載したものもありますが、ビジネスの現場では、RPAとAIを区別する考え方が一般的です。

RPAの3つのクラスとは

RPAの自動化には、3つのクラスがあります。

クラス 主な業務範囲 作業範囲や利用可能な技術
クラス1:RPA 定型業務の自動化 ・情報取得や入力作業、検証作業といった定型的な作業
クラス2:EPA 一部非定型業務の自動化 ・RPAとAIの技術を利用した非定型作業の自動化
→自然言語解析、音声解析・画像解析、機械学習技術
→非構造化データの読み取りや知識ベースの活用
クラス3:CA 高度な自律化 ・プロセスの分析や改善、意思決定までを自動化し、意思決定
→ディープラーニングや自然言語処理

 

RPA:定型的な業務を行う

一般的なRPAはこのクラスにあたります。定型業務を的確にこなせます。設定済みであれば、イレギュラーな事態にも対応できますが、未設定の事態には一切対応できません。人事・経理・総務などの事務業務・管理業務、販売管理や経費処理などを得意とします。

EPA:非定型的な業務を行う

EPA(Enhanced Process Automation)は、大容量のデータの収集や分析を得意とし、紙媒体を用いたアンケートの集計、自由記述された問い合わせ内容の分析、問い合わせへの自動回答や複数データを分析しての売上予測などが可能です。

CA:自ら意思決定し成長する

CA(Cognitive Automation)は、AIを搭載し、情報を整理・分析し、意思決定まで行います。大量の情報をもとに成長し続けます。現在はまだ開発途上のツールと言えます。

RPAのメリット

ここでは、RPAのメリットを3つ解説します。

業務効率が上がる

ルール化が可能な作業をRPAがおこなってくれることで、人間は、コミュニケーションが必要な業務や、人間にしかできない作業に専念できるので、業務効率が上がります。また、RPAは24時間365日動き続けられるので、かなり業務の効率化がはかれます。

コストが削減できる

RPA導入にはそれなりの費用がかかりますが、RPAの稼働時間を考えれば、その分の人件費削減につながるので、費用対効果としては、申し分ありません。業務の内製化とコスト削減の実現というニーズに対応可能なのが、RPAです。

高い品質が保てる

RPA導入により、人為的なミスが減り、高い品質が保てます。人が長時間同じような作業を繰り返すと、集中力を欠き、ヒューマンエラーが起こります。RPAはロボットなので、疲れることもなく、同じ作業を繰り返せます。

RPAのデメリット

次に、RPAのデメリットを3つ解説していきます

業務がブラックボックス化する

RPA導入で起こり得るデメリットのひとつが、業務のブラックボックス化です。RPA導入後に企業内で人事異動があったり、退職者がいたりすることはよくあります。その際、新たな担当者がプロセスを理解していない場合、プロセスの変更が必要になっても対処できません。

セキュリティ上のリスクがある

RPAには、悪意のある第三者による意図的な攻撃を受ける可能性があります。導入時にセキュリティ対策はしっかりとおこなっておく必要があります。複数のシステムと連携している場合は、他のシステムにも悪影響が及ぶので注意しましょう。

誤作動が起こる可能性がある

RPAを導入したのち既存システムに変更を加える場合、社内で密な連携がとられていないと、バージョンアップした際に誤作動が起こる可能性があります。RPAには、変更点を自ら学んだり、対応できるAIのような機能は備わっていません。その点に十分に注意し、運用していくことが大切です。

RPAで変化していく働き方

高度な汎用型のAIを搭載したCAを導入すれば、高い自律型のロボットが幅広い業務を自動的に処理してくれるようになります。AIRPAを組み合わせれば、相手の感情や現状に配慮したメッセージの作成、気候変動に合わせた仕入れ量の調整など、人間とほぼ同じレベルでのサービス提供や意思決定ができます。
 
近い将来には、ソフトウェアロボットに多くの作業を任せて、担当者は自宅から監視業務にあたるという働き方が可能になるでしょう。

RPAの導入事例

ここで、実際にRPAを導入した事例を挙げ、それぞれ導入の背景と導入しての効果を紹介します。

インターネット業界の導入事例

導入の背景:業務自動化は従来、エンジニアに開発を依頼するものでしたが、開発が後回しにされるケースもあったため、積極的な業務自動化・生産性向上に向け、非エンジニア職であっても活用ができるRPAを導入することを検討していました。

導入の経緯:業務自動化の対象は、ネット広告の配信や品質担保のオペレーション業務です。その時点での体制のまま広告事業を成長させ、生産性を最大化しようと考えた結果、業務の自動化を目指してRPAを導入しました。シナリオの改ざん防止のために使用者を限定し、作動停止や予期せぬ動作への対処方法なども細やかに決定しました。

導入の結果:目視のチェック業務以外の業務自動化に成功し、作業時間を70%スリム化することができました。

鉄道業界の導入事例

導入の背景:中期経営計画の重点政策として、新たなIT技術を用いた仕組みの構築を目指し、IT技術を導入することで社員の年間労働時間50,000時間削減を目標にしました。その実現に向け、ソフトウェアロボットによる定型業務の自動化を検討していました。

導入の経緯:エンジニアでなくても開発可能なRPAを探し、貸切バスの移動距離や所要時間、賃貸物件などの不動産情報の検索、ダイヤ改正に向けたデータの収集なども自動的に行えるようなソリューションを導入しました。

導入の結果:多種多様な業務を遂行する106個のソフトウェアロボットを開発し、定例業務の多くを自動化することができました。月間約570時間もの業務時間を削減することができ、従業員の負荷を軽減できています。

まとめ

この記事では、AIや従来のITシステムと混同されがちなRPAの概要や、そのメリット・デメリットを説明してきました。
定期的な業務を得意とするクラス1から、自ら意思決定し成長し続けるクラス3まで、それぞれの特色をいかせば、業務効率が上がり、コスト削減や高い品質の維持なども可能です。
 
マンパワーグループでは、対象業務の選定・お見積もりから、RPAシステムの構築、運用のサポートまで承りますので、ご興味のある方はお気軽にお問い合わせください。
 
御社のサービスや業務の品質向上の鍵となるRPA導入サービスを提供するマンパワーグループのRPA導入サービスはこちらです。

CONTACT

お問い合わせ

各種サービス、サイトに関するお問い合わせは
下記よりお気軽にお尋ねください。