Vol.19 ITエンジニア/CRMのためのコラム

エクスペリスの社員が素晴らしいキャリアを築くコツをお話しします。

スペシャリストかマネージャーか

小林 賢治

執筆者プロフィール

小林 賢治

サービスデリバリー統括部
プロジェクト推進課
プロジェクトマネージャー

スペシャリストかマネージャーか、どちらを目指していくかはSEなら誰もが一度は考えることだと思います。あるいは、専門職か管理職か、言い方はいろいろあると思いますが、技術を追求していくか、それともマネジメントへシフトしていくかは、SEにとって大きな問題です。

私はずっとスペシャリストを目指していました。技術を身につけて、会社や組織に依存しないスペシャリストが理想でした。その為に、言語、DB、ミドルウェア等を必要に応じて勉強し、その結果として資格を取得してもいます。技術進化のスピードが速い業界ですので、いつまで活躍できるか不安もあります。現場での作業は困難も多いです。しかし、逆にやり遂げた際の達成感も大きかったです。

しかし、あるSE出身の営業の方と話をした際に、自分は技術を追求するタイプではないので、SEから営業にシフトしたと伺い、実は自分も同じタイプだと気づかされたことがあります。私は、「このシステムによってお客様にどの様なメリットをもたらすことができるか」「どの様な効果があるか」に興味があります。それに比べて、「そのシステムがどの様な動きなのか」「どの様な仕組みなのか」の興味はそれ程ではないかもしれません。

それでは、マネージャーへシフトしようと考えました。スペシャリストに比べて、マネージャーの方が年収は高かったり、権限が広かったりするので、自身のキャリアパスを考えた場合、マネージャーを目指すのは一般的だと思いました。
しかし、マネージャーになると悩みはとても深くなります。技術より人間と向き合う時間が増える為、問題は複雑で多岐にわたり、またプレッシャーも大きくなりました。
一方、エンジニアとしては実際に手を動かさないからか、達成感を共有できなかった時は、少し寂しさや孤独を感じたりもしました。

スペシャリストかマネージャーか。私は未だに答えが見つかっていません。肩書きもコンサルタントから、セールスへ、そして、現在はプロジェクトマネージャーです。既にいい歳なのですが、私は未だに悩んでいるところがあります。

ただ、自分はどんな事が好きか嫌いか、どんな事が得意か不得意かは、だいぶ理解してきました。私は一人で作業をするより、大勢で作業をする方が好きです。一人でやれる事は限られているので、大勢で取り組んだ方が成果も大きいからです。その為に調整することは全く苦になりません。むしろ調整は好きかもしれません。また、ソリューションを提案するのも好きです。

今の私の理想は、ソリューションを提案して、プロジェクトをスタートさせ、さらにプロジェクトを切り盛りして、必要に応じてエンジニアの作業も行う。こうして、プロジェクト全般に携わっていけるのが理想です。プロジェクト発足前はプリセールスであり、プロジェクト発足後はプロジェクトマネージャーでもある。そして、いざという時はプレイヤーにもなる。そんなスペシャリストであり、マネージャーでもある欲張りなポジションを目指しています。